◯◯は足元から??

以前に操作の基本は足元からが大切ですよぉ〜とお伝えしました。

では具体的にどこを意識して操作を行うのか??

 

特に今回は、ターン導入の部分(そのターンの外脚になる側)

についてです。

皆さんも一度はその方法などをお聴きになられたことがあると思いますが、

例えば・・・

☆膝をスキーよりも少し斜め前方向に入れる

(ブーツのタングに脛が当たるように)

☆足の親指を少しだけ押さえる

☆太ももを少し内側に捻る

☆足首を少し捻るようにして使う

感覚的なところもあり、色々な表現があるかもしれませんが、

大切なのはスキーが反応して(インエッジが雪面を捉えている)いることです。

どの方法が正しくて、どの方法が間違っているのではなく、

ちゃんとスキーが反応し、インエッジが雪面を捉えていればOK!! と思います。

人それぞれ骨格や筋肉のバランスも違いますので、

スキーを操作しやすい方法で行って頂くことが、

一番良いと思います。

DSC01079

但し、

股関節よりも上を使用してのターンの導入はオススメ致しません。

骨盤や上半身を内側に向けキッカケを作る。 

これらの操作もスキー自体は反応してくれるかもしれませんが、

キッカケを作る動きとしては、スキーから遠いので

大きな動きが必要となり、ローテーションや内倒などの動きにも繋がってきます。

またフラットなバーンではそれほど問題が無いですが、

荒れたバーンや悪雪では、身体を大きく使うことによって

とてもバランスが悪くなってしまいます。

だんだん足元から操作のイメージが膨らんできましたか!?

 

それともう一つ大切なことが。。

足元からの操作に反応出来るブーツを

使用されていることが

大前提になります。

普通に立っているだけで、膝が内側に入っている。

足裏全体の感覚が無い。(つま先が強い、踵が浮いている

足の指が浮き気味など)

せっかく良い操作をしても、板に動きが伝わらないと・・・

もったいないですもんね。

シーズン前にブーツに足を入れて確認してみてください。

いかがでしたか?

ん!!!???と思われた方はピステにGo⇒ですよ!?

 

あと約2ヶ月でスキー場さんもオープンです。

スキーを忘れていた方も、ぼちぼち思い出してくださいね〜!!

 

 


▲このページのトップへ