シーズンオフで上手くなるオフトレセミナー2018 vol.4

心配された雨も午前中には収まり、

涼しく快適な環境でセミナーを開催することが出来ました!

ご参加頂きありがとうございます!

 

今回は、関節の可動域を広げつつ、

筋力系も行っていただきました。

皆様、前々回より、前回。

前回、より今回と、関節の可動域も広がってきているように見えました。

また、基本姿勢の立ち方も、

6月に比べると格段にスッと立たれているように思います。

継続することによって、変化が出てきていますので、

焦らずマイペースに次回まで続けていきましょう!

ハードなものからではなく、バランス系、可動域を広げるものは、

遊び感覚でできるので、ご自宅でやりやすいかもしれません。

今回の一例は、

足の上に靴を載せて、仰向けからうつ伏せ。うつ伏せから仰向けと、

靴を落とさないように行うトレーニングは、お子様とも出来るので、

いいと思います。

出来なくても、体の動かすイメージ力が高まるので、

スキーだけでなく、スポーツをする上で大切になりますね。

 

このオフトレセミナーは、2時間ではありますが、

非常に流れのあるセミナーとなってます。

大まかに分けて、3部に分かれています。

 

1.準備運動・チェック30分

2.メイントレーニング1時間

3.ヨガ・ストレッチ30分

 

となっています。

今日はこんな流れで進んでいきました。

この大辻トレーナーお手製のマッサージテニスボールで、

下半身から解していき、トレーニング前のストレッチを行います。

怪我の予防にも繋がります。

次に、今日の体の動きをチェックしていきます。

首、肩甲骨、足首、膝、股関節など、

左右で可動域に差はないか、動きにくい方はないかなどチェックしていきます。

この中で、毎度同じ方が動きが悪い、動きにくいなどがあれば、

間違いなく、滑っている時も、違いが出てくるので、

ターンなどにも支障が出てくるので、

左右均等になるように、ストレッチやトレーニングが必要になってきます。

 

そして、今回のメイントレーニングは、

下半身の筋力系と股関節の可動域を広げることを行いました。

股関節を動かしたり、

スキーの動作に近い、

スクワット系で体のバランスなども見ていきます。

片足広げながらのスクワットでは、

体軸のズレや、股関節の傾き、股関節の回旋、

膝の向きなど、

個々に違う動きが現れます。

これが、滑りの違いに現れてくるんですね。

そして、少しハードなトレーニングも紹介程度に行っていきました。

腕立て伏せの状態から、もも上げや足を外側に出してみたり、

仰向けブリッジの状態で、もも上げなど、

20秒1セットでしたが、10秒でも充分でした。

声を上げながら、苦し楽しく行えました!

最後は、石本トレーナーによる、ヨガ&ストレッチです。

基本的なものから背骨までストレッチ。

大人になると背中が固くなっていきやすいです。

最後は、ヨガで終了です。

簡単なように見えて難しい。

楽そうに見えて真剣にやると汗が出る。

とても体にいいセミナーとなっております。

初めてでも、楽しく、スキーの上達に繋がるセミナーになっておりますので、

参加されたことのない方も是非、ご参加下さい。

お待ちしております。

 

今回も、大辻トレーナー、石本トレーナーには、大変お世話になりました。

ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

 

次回の予定は後日ブログにてアップしますので、

今しばらくお待ち下さい。

10月半ば辺りと考えております。

シーズンまで、あと2ヶ月。

楽しみですね!!!

 

スタッフあき


▲このページのトップへ