来シーズンのOGASAKA NEW MODEL SKI 試乗会に行ってきました。レース&基礎モデルともに良くなってます!!!

2009/2010 NEW MODELのOGASAKA SKI試乗会に行ってきました。
まずは、KEOS-RF

待ってました。スーパーオールラウンドなKEOSシリーズが出てます。
1台で大回りから小回りまで、全くストレスを感じない優等生的なスキー。
1級受験やテクニカル受験など、1台で全てこなしたいスキーヤー待望の
1台です。サイドカーブもR16-18m(サイズによって微妙に違います)と、
サイドカーブで曲がるというよりは、乗り手の動き方次第で素直に反応
してくれるストレスのない正直なスキー。
これ、オリジナルカラー化決定ですねぇ〜!!!!
サイドカーブの強すぎるスキーにストレスを感じていた皆さん、かなり期待
して下さい。超・素直な優等生です。UNITYというネーミングにしてもいい
のでは????と思える・・・というと、そのオールラウンド性が伝わりますかね???
 
続いて、来期からは完全に技術選モデルとして発表される、TCシリーズ。
基礎大回り用と基礎小回り用の2モデルが登場。
大回り用は、かなりしっかりした板で、広島だと西日本大会に確実に出場
できるクラスのスキーヤーくらいでないと、しんどいかもしれませんねぇ。
全日本の固いバーンなどでは、かなりいいと思うのですが・・・・。
小回りモデルが下の画像のTC-QRです。

かなり、優しいマイルドな板でした。基礎系の小回りモデルとして、
技術選に出場している選手たち全般にオススメしやすい板でした。
優しいフレックスが暴走や不整地でのリスクを減らしてくれますが、少し
マイルドすぎるという印象を持つ方なら、SSやSLにVISTプレートの方が
アグレッシブですね。
 
そして注目のGSモデル、来期はR27m完全移行のシーズンですから、
乗り味がかなり気になるレーサーも多いのでは?????

GS-27は、すごくタワミが出るようになりました。
たわむ分、190がベストサイズな感じがしました。逆に言うと185cmの
バランスがもう一つしっくりこない感じです。でも、板がすごく良くしなって
操作感と走りがアップしているというのは、よくわかりました。男はだまって
190ですね。
 
とりあえず、速報的にご報告。
 
KEOS-SS やKEOS-EXは、継続モデルとして販売されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です