オガサカ10-11モデル試乗会終了!!

2/11に積雪状況の悪化により、急遽会場をサイオトスキー場さんに変更して強行開催した、

オガサカ2010-2011モデル試乗会

でしたが、あいにくの大雨に見舞われました。そんな中にも関わらず、ピステの
ご常連の皆様や、ホームページを見てわざわざ九州よりご来場・ご参加いただいた
皆様、心よりお礼申し上げます。
大雨ではありましたが、試乗するには、べちゃべちゃの春の雪よりは、硬くて
スピードも出る分だけは恵まれていたかもしれませんね。

SL

やはり予想通り、一番人気はTRIUN SLでしたねぇ。新開発のプレート2種類の

評価は人それぞれ異なりますが、安定性と操作性の良さに最近のSLとしては、

もっとも高い評価を頂きまして、うれしい限り!!

GP01

続いて、人気が出るだろうなぁ・・・と予測していたKEO’S GP-01ですが、

試乗した皆さんの口からは大抵「よ〜切れるわぁ!! 気持ちええ〜」のコメントが

発せられていました。ミドルターンを中心とした切れるカービングを得意とする

カービングオールラウンダーですねぇ。デザイン的には良くも悪くもオガサカらしい

感じで、オリジナルにしたい気分です。

TCSX

基礎系小回りの新機種 TC-SX。昨年のTC-QRはマイルドすぎる!!という評価が

多かった反省を活かして、新構造で安定性と操作性を両立してくれました。

1級手前の方から、トップスキーヤーまで使える小回りの名機になった印象です。

UNI

アウトラインは大きな変更はありませんが、前回モデルよりもたわみをしっかり

感じられるスキーになりました。ズラしも簡単で、踏んだ分だけはカービングに

発展させられるという乗り方次第の対応幅の広さが売り!! 1級検定や指導員の方

などにはとても使いやすそうですよ。

GS

そして、GSモデル。GS27mは、昨年の乗りやすいイメージが洗練されて、安定性が

ぐっと向上しました。ばたつきも減り、攻めている時の安心感が高くなった印象。

それでいて、オガサカらしい操作性の良いイメージもしっかり残っています。

大雨の中の試乗会でしたが、ご協力いただいたサイオトスキー場様、急遽会場変更

したことに快く了承いただいた芸北国際スキー場様、この場をお借りしてお礼申し

あげます。ありがとうございました。

今回は、急な会場変更や、大雨等もあり、ご参加いただけなかった皆様、

2月26-28日の3日間、

瑞穂ハイランドでほぼ全ブランドを集めた

試乗会があります!!

ここちらをご利用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です