来期GSスキー ポール滑走テスト試乗・・・開催決定

まだ実現できるかどうかは未定ですが、4月19日木曜日、チャオ御岳スキー場で連日
開催されている、常設ポールレッスンのゲートを活用させて頂いて、来期モデルの
GSスキーの試乗テストを企画中です。
 
メーカーが一同に会したディーラー向け試乗会に行っても、輸入ブランドは、
試乗テストどころではない状態の板や、チューンの仕上がりに疑問が残るメーカー
のほうが多く、チューンの状態を理解されていないディーラーさんなどからは、
その日たまたま、まともに乗れる状態のスキーメーカーが、「来年はこのメーカー!!」
なんていうことになっているケースもあるように思います。

そこで、単純にメーカーさんに試乗機を借りて試乗滑走・・・という従来の試乗ではなく、
一度試乗用スキーをピステのチューンナップ工房に集めて、同一条件でチューンナップ
を済ませたスキーで試乗テストラン・・・してみよう!! というものです。
GSスキーを実際のポールの中でテストすることも、たまには機会があるとは思いますが、
同一条件で仕上がった状態のスキーでテストする機会というのは、滅多になく、我々
ディーラーの人間でも未だ未体験ゾーン。基本的には、ピステスタッフのみで行く企画
ですが、万が一、日程が合うので、連れて行け〜!! というレーサーの方がいらっしゃい
ましたら、1〜2名なら便乗も可能ですので、ピステまでその旨お伝え下さい。
18日移動 19日テスト〜終わり次第、広島に帰る(深夜到着予定)
 
参加確定ブランドは・・・
OGASAKA(185cm&190cm)ROSSIGNOL(185cm&191cm)
FISCHER(190cm)STOCKLI(190cm)ELAN(188cm)HEAD(188cm)
です。
FISCHER 190cmはR35mの板しか来ませんが、一足お先にフィーリングを体感してこようと
思います。統一されたクォリティの板で試乗できるチャンスはそんなにないので、今から
スタッフも楽しみです。試乗したブランドは自信を持って板の説明ができるようになる
のではと、楽しみにしています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です