☆FIS規格対応ヘルメット☆サンプル展示中!!

選手層の皆様はすでにご存知かと思いますが…
 
アルペンスキーにおける昨シーズンからの新しいレギュレーション( 男子R35&女子R30)では、
衝撃に対する強度が求められており、研究機関での衝撃テストをクリアした構造を持つヘルメットには
FIS公認ステッカーが貼り付けられています。先シーズンは限られた大会だけでしたが、
14/15シーズンより、FIS公認レースへの参加には
新規格のヘルメット着用が義務づけされました。
 
このステッカーが貼ってあるモデルが新規格ヘルメットです。
↓↓↓
DSCN1632
 
なおSAJ-A級大会(国体/インカレ/インターハイ)・B級大会(RCCカップなど)については
次の15/16シーズンより新規格ヘルメットの着用が義務付けとなります。
 
今シーズンは移行期間ということもあり、すべてのヘルメットメーカーさんが
FIS対応モデルを出している訳ではありませんので、猶予がある方は15/16シーズン
まで待ってみてもいいかもしれませんね。
今シーズンはヘルメットメーカーより POC,BRIKO,SHRED,UVEX,CARRERA
スキーメーカーより、ROSSIGNOL,ATOMIC,SALOMON,HEADあたりでしょうか。
 
そんなFISルールに適応しているヘルメットのサンプル展示中モデルはこちら↓↓
★POC SKULL Orbic X  ¥24000(本体価格)
DSCN1633
 
 
BRIKO 「VULCANO 6.8」 ¥32000(本体価格)
DSCN1630
 
 
SHRED 「MEGA BRAIN BUCKET RH」 ¥38000(本体価格)
DSCN1628
 
 
ROSSIGNOL 「HERO CARBON FIBER FIS」 ¥32000(本体価格)
DSCN1629
 
FIS規格モデルは前頭部に厚みをもたせているのが特徴的なので、今までのモデルより
見た目にかなり抵抗があるかもしれませんが…みんなで被れば違和感なし???精神で!
限界スピードが上がってきますので、身を守るアイテムも
それなりに強度がしっかりしたものが必要ですものね。
 
サンプルなのでサイズにもばらつきがあり、展示期間もマチマチですが、
この機会を是非有効にご活用ください。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です