ちょっと粋な贈り物にもなります。

久しぶりにテンションの上がる本に出会いました~!!
それはこちら↓↓↓
DSCN2519

「Studen Magazine」

北海道ニセコを拠点に活動を続ける写真家・渡辺洋一氏が
クリエイティブディレクターを務めるスノーカルチャーマガジンです。
 
この本の紹介文を抜粋しながら簡単にご案内…
Stubenは、オーストリア・アールベルグにある小さな村の名前で、
アルペンスキーテクニックを確立させたハンネス・シュナイダーの
故郷でもあります。スキー技術とスキーの哲学が発信されたその地
を元に、国内外数々の雪にまつわるストーリーが興味深く展開されています!!
 
ページをめくると
冒頭にこんな言葉が載っています。
 
「スキーとは
ただ競技に良い成績をあげるなどということではなく
自由な自然の山地を滑り、日常の仕事や疲れを回復し
心のわだかまりを取り去ることにある。
ただ元に復するのではなく、身体を鍛え
精神的にも抵抗力を高めることにある。
このために技術を習得し、回転を極めるのだ。」
 
…そんなスキーの変わらぬ魅力や先人の教えを見つめ直す内容から
始まります。
続き、気になりません???
 
スキーや雪が生活の一部にある雪国からの感性や創造力を
垣間みることができる“スチューベンマガジン”
なんていうか、西日本エリアの私達に欲しい”刺激”となる本かと…
また使用している紙は東北・石巻産。震災以降の人々の思いが詰まった
この紙の質感にもご注目頂きたい1冊です。
 
忙しい師走に、少しほっこりできる気持ちになりますよ〜。
お手元におひとつ、またちょっとしたプレゼントにも
きっと喜ばれると思います☆
DSCN2520
税込み2300円です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です