シーズンの締めくくりに荒療治!! ポール滑走のススメ

広島のスキーシーズンもいよいよ後半に入ってきましたね。
 
昨シーズンくらいから、再三に渡って、ポール滑走はスピード対応能力の向上や
ダイナミックな動きやメリハリのある大きな動作からくる躍動感のある滑りが
可能になりますよ〜と、お伝えしてきました。ポール滑走は・・・・

「まさに滑るだけで荒療治になる!!」

のです。
DSCN1404
 
すでに、今シーズンは、ポール滑走の食わず嫌いの皆さまや、いきなりポール滑走は
自信がない・・・といった皆様のために、ブラシポールで荒療治編なども企画し、
多くの皆様に荒療治体験をしていただきましたが、その効果を実感していただいた
皆様より、「荒療治の意味が分かった!!」「ポール滑走自体も楽しい!!」なんて
いうコメントをたくさんいただくようになってきましたよ。
 
技術選や検定などでも、高いスピード次元を発揮できる方が有利!! になりつつあり
ますし、残り少ないスキーシーズンをしっかり来シーズンにつなげてもらいたい!!
と、思っています。ゲレンデの雪の厚みが維持されていないと立てられないのが
ポール。
3月も前半が勝負になると思いますよ〜!!
 
荒療治未体験の皆さん!! ポール滑走は上達にかなり近道になること間違いなし!!
ですから、半分だまされたと思って、ご体感くださいませ。
 
レッスンの開催スケジュールは↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓で、チェック。

開催日スケジュール


DSCN1415
ここまで本格的なレーサーを目指そう!! とは言いません。
あくまでも、頭で考えなくても、身体で覚えるための荒療治ですからね。
 
皆さんの明るい来シーズンを応援しておりま〜す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です