PRIZM vs CHROMAPOP !!

今年はゴーグルやヘルメットの入荷が遅れ気味で
皆様には大変お待たせを致しております…。
ちょこちょこ入荷をしてはブーツのフィッティング作業の待ち時間
(ピステでは魔の待ち時間と呼ばれている(笑))などで
衝動買いをされるお客様もいらっしゃって、在庫の増減が目まぐるしい??
今日この頃です。
 
さてさて、今シーズンはゴーグル戦国時代突入か!?というくらい値段が…↑していますが
その理由として、従来のレンズよりも特徴的なレンズのタイプが登場してきたことにあります。
ただ天候に応じた明度で選んでいたことにプラスして、雪面の凹凸や地形の変化が鮮明に見える!!
そんなレンズを各メーカーが開発し始めています。
いち早くそのテクノロジーを取り入れたのがOAKLEYのPRIZM(プリズム)レンズ。
特に明暗の差を最大限に高め、斜面の凹凸やギャップ等を鮮明に視認出来ます。
そこに追随してきたのがSMITHのCHROMAPOP(クロマポップ)レンズ。
大まかな特徴は同じですが、クロマポップレンズは天候の対応範囲が広いことと
レンズの種類が豊富なことで個性を売り出しています。
 
昨シーズン私も実際に使ってみましたが、雪面のくっきり度には驚きました!!
視界の情報が確かだと動きもダイナミックになれますよね〜。
一日滑るなかで日が落ちてきた頃、雪面のギャップが見えにくかったり
コブのラインなど雪面の情報をよりクリアにとらえたい方は
この両者のレンズを要チェックです★
 

スミスの”I/O”シリーズは晴天用と曇天用の2枚のクロマポップレンズが標準装備です。
オークリーからは、フレームなしの平面レンズタイプ”FALLLINE”が新登場!
取り外し可能なノーズガード付!
 
ゴーグルエリアも…だいぶ見栄えよく入荷してきました〜。
個人的にはbolle(ボレー)の調光レンズもおススメです!!!

 
このバトルの続きは…皆様ご自身の目でお確かめください!!
皆様のご来店を心よりお待ち致しております☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です