めずらしく??技術的なお話です!! その3

  3回目のテーマはターンですが、今回は特に“切りかえ”について。

切りかえ・・・ターンが終わり次のターンへ入っていくまでの『ま』

つまりこの『間』をどう使うかにより、スキーの走りや流れのある滑りに見えるか

大きな違いが出てきます。

 

僕も初めはこの『間』がうまく使えずにいました。。。

切りかえで上に抜けてしまったり、身体が遅れていたり・・・

これを『間が悪い』と言われ、

こんどは抜けたり、遅れたりしないようパパッと切りかえると

『間が無い』つまりマヌケだそうです・・・・涙

ひどい!悪間(悪魔)と思っていました(笑)

 

ではこの『間』でどのように身体を使うのかを考えてみます☆

シンプルに考えると身体の使い方としては2パターン

1つは伸ばし切りかえ

これは俗に言うストレッチング切りかえです。

腰をスキーの進行方向に持ち上げておこなう切りかえです。

ここで重要なのは上半身の適正な前傾角度を保ったまま腰を持ち上げること

この時に上半身が起きてしまうと上に抜けたり身体が遅れる原因なります。

この伸ばし切りかえを使うと、緩斜面でもスキーを加速させたり

エッジをスムーズに外すことが出来ます。またリズムもとりやすく

ショートターンやパウダーランにおいても基本となる動きです。

 

もう1つは曲げ切りかえです。

これは切りかえの姿勢(ポジション)が低い状態でおこなわれることです。

ターン後半でスキーが身体の下に返ってきたときに股関節を主に使い

切りかえをおこないます。

もしこの時に(その1)の基本姿勢が崩れていると、股関節が上手く使えなく

腰が落ちてしまったり、上半身がかぶり気味になり遅れたポジションになります。

そして(その2)足裏感覚では完全な踵のみの荷重になると、スキーが

スッポ抜けたりスムーズな切りかえが難しくなります。

つまり曲げ切りかえは基本のポジションなどが出来ていないと

失敗するリスクが高くなります。

しかし基本ポジションなどが出来ていれば、急斜面やハイスピードの中で

流れのある切りかえが可能になり、スキーを走らせることが可能になります。

現在のワールドカップや技術選でも多く使われている技術です。

 

 CIMG2987BTtour_in_nozawa2014010047

-伸ばし切りかえ-                     -曲げ切りかえ-

 

どちらが良いとかどちらが上手いという事ではなく、どちらも必要な技術になります。

実際には斜度やスピード、雪質などの条件により切りかえをミックスしながら滑り、

ここを上手くコーディネート出来るスキーヤーが様々な条件でも安定した

滑りが出来るとおもいます。

 

もちろんシーズン中のレッスンではより分かりやすく繰り返しお伝えしておりますよ!

 

またどんなに気を付けても上に抜けてしまったり、腰が落ちてしまうなどの症状に

心当たりのある方は一度ご相談ください!!

ポジションの問題なのか、タイミングなのか、はたまたブーツとの相性なのか・・・

原因は思わぬところにあったりもしますよ~(^v^)

 

次回は“ターン前半”をテーマにお伝えします。

                                                                                         

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です