第1回Pisteトレーニングセミナー

スキー上達の為のトレーニングセミナー開催しました。

多くのお客様にご参加いただきました。

誠にありがとうございます。

 

今回のテーマは、

『心(頭)と体を一つに。自由自在な身体操作を身につけよう。』

ということで、

筋力的なトレーニングではなく、頭を使いながらの軽負荷のトレーニングを行いました。

DSCN2399

まずは、今回のテーマを押さえて貰うためにも、簡単な説明から入りました。

動作には思っている以上に誤差が生まれることを、理解してもらい、

そこを意識し練習することが、今回の狙いです。

 

スキーのみならず、アメリカ大リーグのドラフト選考にも採用されている、

簡単なストレッチテストをストックを使って行い、まずは自身知ることから始めます。

DSCN2400DSCN2401

 

ストックをまっすぐ、姿勢を崩さないように、足を前後に広げて、屈伸していきます。

ここでは、前傾しすぎないことが重要です。

運動をする前の時点で、体が硬いなどが分かるだけで、怪我のしやすさなども、

ある程度分かるそうです。硬すぎると、ドラフト選考してもらえないそうです。

 

次は、歩くことから始めます。

単純に歩くだけではなく、カカトから拇指球へとまっすぐ足を出すようにします。

DSCN2402DSCN2403

普段は何気なく行っている動作なので、クセがすぐに出ます。

クセも、意識し続けることで、改善してきます。

DSCN2406DSCN2404

続いて、スキップ!

ここでも、カカトと拇指球は外しません。

そして、ここから頭を徐々に使っていきます。

DSCN2413DSCN2414

スキップをしながら、腕を前に回します。

動作自体は単純ですが、皆さん動きがぎこちなくなってきます。

『あぁー』などと悲鳴も徐々に聞こえてきました。

後ろ回しをした後は、左右逆方向に腕を回します。

ここからが、本領発揮。悲鳴しか聞こえません笑

思ったことが素直に出来ないことを実感した瞬間だと思います。

だからといって諦めるわけではなく、ゆっくりでも確実に行うことが、

重要ですし、出来ないのは当たり前と思って、開き直ることも重要です。

次第に、笑えてくるのも、このトレーニングの醍醐味でもあります。

また、宿題も出ましたから、次回までに練習しておきましょう!

今度は、横向きでゆっくりサイドステップ。

まっすぐ、つま先と膝が向いていることを注意しました。

DSCN2408DSCN2410DSCN2409DSCN2411

今度は、サイドでスキップ。

DSCN2415

足の向きが向きになれてきたら、

ワイドスタンスで幅が変わらないように、サイドスキップです!

DSCN2416

やることが、増えたり、意識することが多くなるので、

最初は全部が出来るわけではありません。

しかし、慣れてきて出来るようになってくると、

とても楽しくなってきます。

今度は、スキーの動作に近づけていきます。

二人一組になって、まずは、ポジションチェックです。

DSCN2417DSCN2418DSCN2419

次に、ストックで支えながら、片足でバランスを取るトレーニング。

DSCN2420

次第にスキーっぽくステップします。

ここでも、つま先の向きも気にしながら。

客観的に見てもらえると、気付かなかった部分もすぐ気付けます。

姿勢もスキー同様、同じクセが出やすいです。

動的な要素を強くします。ここでは、ストックはなしですが、発展したら、

ストックワークも入れると面白いと思います。

DSCN2421DSCN2422

コーンは気にせず、ステップ。

皆さん、いっぱい踏んでました笑

踏んで動いたら直しますが、直し方はアバウトにいきます。

前回と違う場所にコーンがくるので、調整しなければならないところが、肝になります。

心と体が少しづつリンクしてきましたね!!

どんどんと、スピードアップしていました。

動的なトレーニングが終わったら、

静的なストレッチ(スタティック・ストレッチ)。ゆっくり、時間をかけて、乳酸や筋を伸ばします。

DSCN2425DSCN2424

DSCN2423

テニスボールを使って、足裏からほぐすことで、

怪我の予防や股関節の動きが変わるそうです。

ふくらはぎ、もも、お尻と徐々に上に上がっていきます。

DSCN2427DSCN2428

DSCN2429

ジュニアのほとんどは痛くないのですが、

アダルトなお客様からは、一斉に鈍い声が聞こえてきます笑

写真の顔もひきつっているようにも見えます。

お疲れが溜まっているみたいです。

DSCN2430

 

ここでも、皆様に役立つ情報がありました。

今では、スポーツ界のスタンダードになっているのですが、

意外と知らない人が多かったです。

スキーでも何でも、何かにポテンシャルを発揮したい時には、

その前に動的なストレッチやトレーニングが必要です。

そこを、静的なストレッチにしてしまうと、

20%も能力がダウンするそうです。

『なるほど』と声も上がっていました。

 

今回はこれにて終了です。なかなか出来ないことが多く、

難しいところもあったと思いますが、

スキーにとても役立つものばかりだったと思います。

講師の大辻様、大変ありがとうございました。

次回7月26日(日)は、今回の発展型です。動的な要素を多く取り入れて行っていきます。

案内は、近日中にまたアップしますので、

今回都合がつかなかった方も、是非ご検討下さいませ。

また、今回参加されたお客様も宿題が出ていると思いますので、

練習して次回に合格点をもらいましょう!

このトレーニングセミナーは月に一回のペースでシーズンインまで

流れをもって進めていきます。

皆様のトレーニング計画の一つになれれば、幸いです。

スタッフ佐渡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です