ブラシポールで荒療治!?(本当に荒療治でした!?)

今シーズンから登場のレッスン

ブラシポールで荒療治!?『滑るたけで躍動感みなぎるスキーヤーに!!』

ブラシポール(規制されたコース)を滑ることにより、

どのぐらい身体を動かせばよいのか?

どのぐらいスキーを撓ませるのが良いのか?

ターン弧が決められていますので、ある意味強制的に

動く(滑る)しかありません。

フリースキーでは自分のイメージよりも、身体を動かしたり

ターン弧を深くすることは、ほとんど無いと思います。

 

規制されたコースで強制的に動く分、力強いエッジングや

身体を動かす量が増えるので、

ブラシポールを滑るだけで躍動感みなぎる動きが手に入ります。

もちろんその為には、基本的な身体の使い方やポジションが必要になります。

 

今回もブラシポールをしっかりと滑った後に、フリースキーを滑って頂くと

明らかに躍動感(運動量)が違っていました。

また、ご本人もポールの後に滑ると自然と動けるし、余裕がある!!

と言われていました。今回も大成功です!!

DSC_1974

雨の中、ご参加頂きありがとうございました。

○井さんがリフトで今日は滑りもですが、心も荒療治ですねぇ~とポツリ・・・

皆で納得です。

 

市本

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。