2/3 GSLポールレッスン『面の意識』

スキー場は今日も大雪でした!

恵みの雪ではありますが、

ポールを滑る中での降雪は、

条件が難しくなるばかりです。

しかし、条件が難しくなれば、なるほど、

重要になってくるのが、腰高のポジションであったり、

外足荷重です。

今日も、雪に足を取られないように、

外足主体で動かし、滑って行きました。

そんな中、

『いつもと同じように滑っているはずなのに、スピードが出ない。』

そんな声がありました。

滑っている姿を拝見させてもらうと、

基本に忠実に滑られています。

でも、スピードが出ない…。

そこには、こんな原因がありました。

普段の固いバーンなら、何ら問題のないエッジングも、

柔らかい雪だと、エッジが埋まってしまい、

板の推進力が失われていました。

そこで、

『板の面を掘れに合わせるように滑る。』

エッジを立てすぎると雪面に食い込むので、

エッジングの意識は、最小限に収め、

雪面を撫でる。這わせる。角から面へのイメージにすることで、

板が走り、スピードが出てきました。

このイメージの変換は、滑りに変化をもたらし、

テクニックとなります。

こんな場面になった時に、ふと思い出し、

自然と体を動かせるようになるのが理想ですね。

要所、要所、場面、場面に

合わせることが出来る。

これが、スキーのうまい人(速い人)の条件の一つだと思います。

それが出来るのも、基本がしっかりと出来ているからですね。

最近、よく耳にする『かかと荷重』、

これもテクニックの一つだと思います。

この『かかと荷重』で悩んでいるお客様は、

是非、一度ポール滑走をご体験いただければと思います。

原因は他にあるかもしれません。

本日も1日ありがとうございました。

朝一番の集合写真です。写っていないお客様、すいません。

またのご参加お待ちしております。

 

明日は、GSLポールレッスンです。

当日のご参加も大歓迎ですので、

是非お越しくださいませ。

 

スタッフあき(佐渡)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です