レベルアップレッスン 楽しいアイスバーン

朝から気持ち良い青空が広がり、

ゲレンデも 多くの方で賑わっていました。

 

午前中は朝方の冷え込みもあり、バーンはとても固い状態。

特にメダリストコースは急斜面のアイスバーンなので、

手強い条件になっていました。

内傾していたり、しっかりとしたエッジングが行えていないと

どんどんターン弧が大きくなり、コントロール不能の暴走状態に

なってしまいます。

 

そこで、確実なエッジングを行うために

脚の使い方を確認させて頂きました。

 

ターン中は基本的に、脛がブーツのタングに当たっていること。

えっ、それはあたりまえでしょ!!

と思われるかもしれませんが、

正確に行うことは意外と難しいです。

腰が落ちてしまったり、前傾姿勢が足りないと

すぐに緩んでしまいます。

 

ご参加の皆さんも、意識すると緩んでいることに

気づかれたと思います。

でも、正確に脚が使えるとアイスバーンでも

さほど問題なくコントロールが行えることを

体感して頂けたと思います。

本日もご参加頂きありがとうございました。

おや、写真の時も内傾?外傾??

これでアイスバーンも楽しく!!??

 

市本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です