シーズンオフで上手くなるオフトレセミナー2018 vol.3

第3回となる今回も晴天の中、セミナーを行うことが出来ました。

ここ最近は、暑すぎるということもあって、

開始時間を16時とし、

いい風が吹き向ける中、トレーニング出来ました!!

今回は、少人数ということもあり、

よりマンツーマンで姿勢を確認したり、

修正していただける時間が多くありました。

特に、今回は下半身周りを重点的にトレーニングし、

股関節の動きの確認をしました!

まずは、ストックで体を支えながら、

下半身中心にアップをします!

姿勢一つ注意する、

動きを制御しながら、行うだけでも、

体の動きの違いや体への負荷も変わりましたね。

アップが終わると、

早速下半身の強化はいります。

フルスクワットやハーフスクワットをゆっくり行うことで、

自身がどのタイミングで骨盤が後傾してしまうのかがわかったり、

股関節の可動域を知ることができました。

一人ひとり、大辻トレーナーが姿勢や動きを確認します。

ワイドスタンスでやることで、股関節のストレッチもでき、動きの修正も出来てきました。

今回の山場は、このサイドランジです。

足を広く開いた状態から、

頭の高さを変えないように、右へ左へ移動します。

簡単なように見えますが、

真剣にやるとじわじわ汗が出てきて、とてもいいトレーニングになります。

自重なので、怪我の心配もないですね。

写真のとおり、スキーの姿勢と共通する部分が多くあり、

この動きが良くなることで、

シーズンへの課題克服も見えてきます。

肩のライン、腰のライン、

ここで傾いていると、

雪上でも傾いていることが多いようです。

 

次にフロントランジ。

肩幅に開いた足を真っ直ぐ前に出すことで、

体幹のバランスや体の弱い部分が見えてきます。

膝の入り方、お尻の位置など、

これだけでも左右で違いますし、個人差もありますね。

この写真だけでも、トレーニングすべき部位や改善できる部分が見えてきます。

これからの1ヶ月、頑張っていきましょう!!!

 

最後は、石本トレーナーによるヨガです。

下半身をいじめた後のヨガは、

かなり皆さん効いたようです。

しかし、4回と続けていることもあって、

関節の可動域や体の柔らかさに変化も見られてきました。

『継続は力なり』ですね。

 

今回も無事終了出来ました。

ご参加頂きましたお客様、

大辻トレーナー、石本トレーナーありがとうございました。

次回は、

9月15日(土)

を予定しております。

皆様のご参加お待ちしております。

 

スタッフあき

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です